オーナー様へニュース【季節の変わり目に】換気システムお手入れのご案内

 

皆様、夜風が涼しくなりはじめ、段々と秋の気配を感じておられる頃かと思います。

過ごしやすいこの季節に、次の季節に備えて換気システムのお手入れをされてはいかがでしょうか。

 

一般的に住宅で使用する換気方法は3種類あります。

今回は、当社で主に使用する2種類の換気システムに合わせたお手入れ方法をご紹介します(^^)

 

■第三種換気

居室内の自然給気口と、トイレ・洗面室などにある排気ファンを組み合わせた換気システムです。

給気口から自然給気し、排気ファンから建物外に空気を排気することで、建物内を換気しています。

(お手入れ)

・給気口…表面カバーをはずし、内部のフィルターを清掃します。外部からのホコリをキャッチしていますので、掃除機でホコリを除去したり、水洗い(中性洗剤)をして乾かしてからお使いください。

また、表面カバーには開閉レバーがついてますので、通常時は開にして給気するようにしてください。

・排気ファン…フィルターはついていないため、表面カバーのホコリを掃除機で吸いとります。表面カバーを外すと内部にプロペラファンが見えます。排気ファンのスイッチを切ってから、小さなハケ(古い歯ブラシなど)でホコリを落としながら、掃除機で吸いとります。

市販の表面カバーにつけるフィルターを貼って、ファンにホコリが付着しないよう工夫されているお家もあります。

 

第一種換気

主に澄家システムを使用しています。第三種換気と異なり、給気排気とも強制的に行い、冷暖房時には熱交換を行っています。春秋など気候の良い時期は、第三種換気に切り替わります。(リモコンが手動切り替えスイッチの場合は、手動で夏・春秋・冬モードの切り替えを行ってください)

(お手入れ)

・給気…外部にひとつ、円筒型の給気フィルターが設置してあります。室内のスイッチを切ってから、円筒型フィルターをはずしてホコリを除去し、ぬるま湯(中性洗剤)でつけ洗いをします。フィルターが乾くまでは換気システムを切ることになるので、洗い替えとして同型のフィルターをご用意されると便利です。

・排気…排気フィルターは居室床にある丸型のガラリを開けると設置してあります。ホコリを除去し、必要に応じて水洗いしてください。リビングなどにある長方形のガラリは室内に空気を送る給気口です。空気を吸い込む箇所ではないので、ホコリは付着しづらいですが、表面ガラリを外すと網状の部品がありますので、簡単にお掃除してください。

・澄家フィルター販売

澄家のフィルター(消耗品販売)は、マーベックスさんのホームページよりご購入をお願いします。

マーベックスさんのサイトはこちら

給気フィルターは「PM2.5フィルター」を、排気フィルターは「アレルゲン排気フィルター(青)」を推奨しております。

 

因みに、マッハシステムの場合…

マッハシステムのフィルターのお手入れは、室内にある給気フィルター(外気から)と、排気フィルター(室内から)、空調室の給気ガラリ表面のお掃除となります。

他に、トイレ・洗面室などにある排気ガラリ表面にはホコリが付着しますので、除去してください。

 

メンテナンスの参考になればと思います(^^)