植田正治写真美術館

 

先日、鳥取県 大山近くの植田正治写真美術館に行きました。

植田正治さんについて何も知らないまま訪問しましたが、満足度100%の美術館でした。

大山が帽子を被っています! これをSNSで発見し、美術館に行ってみることになったのですが、

窓ガラスに帽子が描いてあって、写真を撮って楽しむことができました。

植田正治さんは鳥取県出身の写真家で、ちょっとした遊び心を取り入れた作品を多く発表されています。

戦後すぐの作品なのに、鳥取砂丘を背景に家族でコスプレした写真や、小物を上手く利用した写真があり

当時にしてインスタ映えな写真が撮影されていたので、驚きました。

昔の人も面白いことを考えることは一緒なのだと親しみを感じました。

 

 

美術館の建物は建築家の高松 伸さんの設計です。建物の隙間から大山が美しく見えます。

建物も素敵な美術館で、私が行った時も建物を使ってファッションモデルの方が撮影していました。

 

鳥取観光のおすすめスポットです。

 

いわきすたっふ