換気のはなし

みなさんこんにちは。この時期は手荒れがひどくて苦労しています。お肌の曲がり角です。宮本です。

さて、国内外で広がる新型コロナウィルスの影響。その対策の一つとして「換気」が推奨されており、

住宅や建築空間の換気は大丈夫なのか?と不安を持たれるお客様もおられると思います。

これまで住宅をはじめとする建築物の換気に関して、あまり意識したことがない方が圧倒的多数だと思いますが、建物にとって換気は大変重要になります。

室内に人が滞在すると、臭いが籠ったり、CO2濃度や湿度が上昇し、家具や建材からホルムアルデヒドやVOCが発生したりすることから、健康的な住環境を確保するために、建築基準法により24間換気設備の設置が義務付けられています。具体的には、1時間に建物の気積の半分を入れ替えが必要で、2時間に1回、建物内の気積が全て入れ替わる計算になります。一般的住宅において、この要求を満たす換気設備というのは基本、トイレ、洗面室、浴室に設けられた排気ファンと、リビングや和室、寝室等に取り付けられた自然給気口と呼ばれるものになります。臭いや湿度が発生するトイレや洗面室、浴室から排気ファンで空気を引っ張れば、自然給気口から外の新鮮空気が入ってくるであろうというもの(第3種換気システム)です。

 

この換気方式を成立させる為には、排気ファンで空気を引っ張った際、建物内は負圧状態にすることが条件になります。ストローでジュースを飲む時をイメージしてもらえれば、穴の空いたストローでジュースを飲もうとしても全然口元までジュースが上がってこないのと同じで、家中が隙間だらけで高気密とは無縁なつくりであると、恐らく換気ファン近くの窓の隙間等から新鮮空気が入り込んで、トイレ、洗面室、浴室の空気は入れ替わったけど、リビング等の空気は入れ替わらないという現象が起こります。

更に冬の時期になると、リビング等の自然給気口から外気が入り不快である事で、自然給気口を塞いでしまうというケースが多発します。断熱性能を伴わない家を温めようとする結果、換気と暖房が両立できなくなり、住まい手は空気の質より、空気の暖かさを選択してしまいがちなのです。

気密性能を伴わない建物では、第3種換気システムであっても、必要な換気量が確保できないこと、冷暖房期に空調用の空気が建物内を循環する割合は、建物の断熱気密性能が不足する場合程大きくなるということです。

 

換気性能に関して不安がある方は、3種換気の場合、自然給気口が塞がっていないかをチェックしてみてください。排気ファンに繋がる吸い込み口が埃等で目詰まりしていないかもチェックが必要です。

 

今回の新型コロナウィルスの件で、換気量に意識が向きがちですが、換気回数を上げると、その分室内の水分量が減り、暖房期には室内が過乾燥に陥る可能性があるので、十分注意が必要です。感染予防には過乾燥は禁物だからです。適切な換気量且つ十分暖かい家の中ですごし、生活習慣の見直しで体温を上げる工夫も取り入れながら、免疫力を上げることが重要です。

宮本