【よくある質問】家づくりっていくらかかるの?資金計画の不安にお答えします!

こんにちは!
イワキの広報担当です。

これから家づくりを検討している方にとって、一番気になるのが資金面のことではないでしょうか? 家づくりには、大きく分けて「土地購入費」「建物工事費」「諸経費」の3つがかかります。
今回は、お客様からご質問が多い、家づくりの費用についてお伝えします。

◆土地の購入費用

注文住宅を建てる際に多くの割合を占めるのが土地代。実際に土地探しをしてみて、その金額に驚かれる方も多いようです。特に広島市周辺の地域は、広い土地を見つけるのが難しく、場所によっては建物価格と同等の費用がかかる場合も。場所や広さによりますが、広島市内なら2,000万円前後が多いようです。
また、既に土地をお持ちの場合でも、土地の整備や造成等に別途工事が必要な場合があります。
イワキでは、建築条件付きの分譲地の販売や土地探しのサポートも行っています。自社分譲地なら土地購入にかかる手数料や整備費用などがかかりませんので、お得に土地を購入できます。

◆建物本体の工事費用

建物を建築するためには、柱や壁などの構造をつくるための本体工事費用のほか、地盤補強費用などの諸費用がかかります。こだわりによって照明やカーテンなどの工事費用、庭や駐車場といった外構工事費用がかかる場合があります。
特に内装や外構にかかる部分は、こだわりを詰め込むほどに後々費用が膨らむところでもあるので、あらかじめ希望を明確にして計画に入れておくことが大切です。

◆諸経費

意外と見落としがちなのが諸経費です。建物の登記費用や銀行融資を受けるための手数料や保証料、保険料、建築の確認申請を行うための費用など、土地や建物といった家そのものにかかる費用以外に、さまざまな費用がかかります。土地や家の広さ等によって金額は異なりますが、少なくとも80万円前後が1つの目安となります。

 

イワキでは、家づくりのご相談をいただいた際に資金計画や住宅ローンについてもご説明いたします。間取りのご希望や予算を伺った上で、資金計画書のご提案も無料で行っております!