オーナー様へニュース冬季の水道管とエコキュートなどの凍結防止について

気温がマイナス4℃以下(風あたりによってはマイナス1~2℃)になると、主に屋外の水道管が凍結して水が出なくなったり、破裂することがあります。
気象情報などをこまめにチェックして、事前に凍結防止などの準備をしておきましょう。

 

【水道管】
■凍結しやすい水道管
・屋外にむき出しになっている管(立水栓、給湯器の給水・給湯配管など)
・家の北側にあって、日の当たらないところや風当たりの強い場所にある管
・給湯器は内部に水を通す管があり、その水を温めてお湯にして必要な場所に給湯しています。蛇口を止めても給湯器内部や配管の中には水が残ります。この残った水が凍ってしまうことがあります。

■防止策
― 家庭でできる防寒の仕方 ―
・屋外の蛇口やむき出しの水道管には、厚手の布や発泡スチロール系保温チューブ(市販)などを水道管に巻き付け、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けたり濡れないようにしてください。
・水は流れていると凍結しづらくなります。屋外の立水栓は、鉛筆の芯くらいの太さの水をチョロチョロ出しましょう。
・メーターボックス(量水器)の中の隙間に、砕いた発泡スチロールや、布・新聞紙などを入れることで保温ができます。
・家をしばらく留守にする場合は、メーターボックス(量水器)の中の止水栓を閉め、しばらく蛇口を開けて水道管に残っている水を抜いてください。

 

■対応策
― 水道管が凍った場合は ―
・蛇口が凍ったときは、自然に外気温が上がって内部の氷がとけるまで待ちます。凍った状態で無理に蛇口をひねると破損することがありますので注意しましょう。
・凍った部分にタオルなどをかぶせて、ゆっくりとぬるま湯をかける。急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破損することがあるので注意してください。
・凍結によって蛇口を開けて水が出なくても、蛇口を開けたままにせず必ず蛇口を閉めておいてください。気温が上がると蛇口から水が出しっぱなしになります。
※最近の住宅は水道管が家の中(床下・壁の中)を通っていることが多く、家の中の水道管はほとんど凍結しないと思われます。屋外の水道管を点検してみてください。
― 水道管が破裂した場合は ―
・メーターボックス(量水器)の中の家全体の止水栓を閉める。
・止水栓を閉めない場合は、破裂した箇所にタオルやテープをしっかり巻いて、水が噴き出るのを防ぐなどの応急処置をしてください。
・応急処置をしていただき、弊社営業日にご相談ください。

 

 

【エコキュートなど】
■給湯設備の凍結について
・一般的にエコキュートなどの給湯設備自体が凍結することはありません。
・外部にむき出しになっている給湯器の給水・給湯配管、ふろ配管(循環器)などが凍結することが考えられます。
・配管が凍結した場合、お使いの給湯機器メーカーの取扱説明書に従って凍結のチェック、適切な処置をおこなってください。凍結によるものでない場合は、エラー表示などが異なりますのでご確認をお願いします。

■防止策
― 給水・給湯配管の凍結防止(一般的な例) ―
・リモコンで湯温を「水」に設定して、給湯蛇口(適当な一箇所)を少し開けておいてください。水栓レバーは最高温側にひねっておきます。
・1分間にコップ1杯程度の水が出るように調節します。
・一定時間後に、もう一度水量が安定しているのを確認してください。

― ふろ配管の凍結防止(一般的な例) ―
・浴そうに水を張ったままにする。循環口から10cm以上の水量にします。
・外気温が約3℃より低くなると、ふろ配管の凍結予防運転を自動でおこないます。

■対応策
― 給湯設備が凍結した場合は ―
・お湯が出ない場合は、貯湯タンクの給水・給湯配管が凍結している可能性があります。気温が上がることで凍結は解消されるので、自然解凍を待ちましょう。
・給水配管の凍結によるエラー(圧力異常検知エラー)が出ている場合は、漏電遮断器を60秒以上切り、再び入れるとエラーが解除されます。その後、凍結が解凍されるまで待ちましょう。
・貯湯タンクとヒートポンプの給水・給湯配管をタオルなどでおおい、ぬるま湯をかけて徐々に温めます。急に熱湯をかけないよう注意してください。
※一例を記していますので、詳しくはお使いの給湯機器の取扱説明書をご覧ください。