イワキのC値Q値UA値

快適な生活を送ることのできるエコな家。
イワキのC値Q値UA値をご紹介いたします。

広島のC値は5以下、Q値は2.7以下、UA値は0.87以下とされています

C値・Q値・UA値を含め、住宅の省エネ性能の全般的な基準を国が定めています。
※次世代省エネルギー基準(次世代省エネ基準)

広島の基準 イワキの家
C値 5(cm2/m2) 0.47(cm2/m2)
Q値 2.7(W/m2・K) 1.1(W/m2・K)
UA値 0.87(W/m2・K) 0.38(W/m2・K)
  • C値(隙間相当面積)

    住宅の気密性を数値で表したもので、値が小さいほど気密性能が高く冷暖房効率が良くなります。

  • Q値(熱損失係数)

    住宅の断熱性を数値で表したもので、値が小さいほど断熱性能が高く熱が逃げにくくなります。

  • UA値(外皮平均熱貫流率)

    住宅の断熱性を数値で表したもので、値が小さいほど断熱性能が高く熱が逃げにくくなります。