01 ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)とは

「ZEH」知っておきたい2つの背景

  •     
    1.COP21での約束
    COP、あまり聞きなれない言葉だと思いますが、COPとは「気候変動枠組条約締約国会議」のことで、国際的に決めた地球温暖化防止のための会議です。2015年にフランスで開かれたCOP21で日本はある約束をしました。
          
    「2030年までに2013年と比べて、GDP当たりのCO2排出量を26%削減します‼」

    この約束を守るために日本では、様々なことに取り組んでいます。その一つがZEHに当たります。
  •     
    2.日本のエネルギー問題
    日本では原子力を除いたエネルギー自給率が5%ととても低く、ほとんどを輸入に頼っています。この問題が大きく取り上げられる要因となったのが東日本大震災です。これを機に家の耐震性とエネルギーが大きく見直されました。

「ZEH」って何?

ZEHとは外皮(※1)の高断熱化、及び効率的な省エネルギーの設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量(※2)が『正味ゼロまたはマイナス』の住宅のことです。
(※1)外皮とは屋根または天井、外壁、床、開口部など、室内と室外で熱の出入りとなる部位のこと。
(※2)一次消費エネルギーとは建築や住宅で用いる冷暖房をはじめ、換気、給湯、照明などの設備機器のエネルギーを熱量換算した合計の値のこと

   

ZEHの考え方
大前提として家のエネルギー効率を良くすることが求められます。高断熱高気密や省エネ設備を使うことで、エネルギー消費量をできる限り少なくしましょう。
   

ZEHの目的
家で生活する中で、少なからずエネルギーを消費してしまいますが、そのエネルギーをすべて太陽光で発電したエネルギーでまかなうことが目的です。

イワキのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準
イワキのZEHは広島県主要部のZEH基準に対して以下の表のようになるよう設計されています。

<UA値(外皮平均熱還流率)>
   住宅の断熱性を数値で表したもので、値が小さいほど断熱性能が高く熱が逃げにくくなります。

<C値(隙間相当面積)>
   住宅の気密性を数値で表したもので、値が小さいほど気密性能が高く冷暖房効率が良くなります。

<Q値(熱損失係数)>
   住宅の断熱性を数値で表したもので、値が小さいほど断熱性能が高く熱が逃げにくくなります。

イワキのZEHは「住み良いZEH」
イワキのZEHは数値上の基準をクリアしただけのZEHとは違い、安全・快適であることを約束します。

iwakiの目標(受託件数に対するZEH・NearlyZEHの割合)
この度iwakiもZEHビルダーとしてZEHの普及に取り組むこととなりました。
2020年までに以下の数字を目標とし進めてまいります。